【和気文具の手帳のアイデア】手帳ユーザーは手元に置いておきたい一冊!

 

こんにちは、あこです。

みなさんは手帳に何を書こうか迷ったときに、どんなものを参考にしますか?

最近ではSNSで手帳やノート術をUPしている方も増えて参考になりますよね。

 

また手帳関連の書籍もどんどん増えてきてわたしもよく購入します。

そんな手帳のアイデアの本で、これはオススメ!というものがあります。

それが和気文具の手帳アイデアです。

タイトルからして期待できそうです!気になる中身はどうでしょうか?

 

和気文具とは?

和気文具とは大阪に店舗がある、創業1926年の老舗文房具専門店です。

 

SNSでも文具に関することを発信していて、インスタグラムのフォロワー数は現在13万人を上回る勢い。

動画や写真を使って実際の手帳の使い方や工夫の仕方を丁寧に紹介しています。

しかもそのデザインがわかりやすくてとってもオシャレなんです。

 

イラストからレタリング、装飾、さらには文具の収納法まで。

「こんな手帳書いてみたい!」を実現したノート術がわかりやすくて大人気のアカウント。

 

そんな和気文具が手がける書籍は期待大!

帯にも文具HOLIC必見!と書いてありますね。

豊富な手帳アイデアと使いやすいサイズの本!

手帳関連の本といえば、雑誌タイプのムック本が多かった印象。

文具好きやインスタグラマーの手帳術をまとめた雑誌のようなもので、見ているのは楽しいですが自分の手帳に真似するとなるとうまくできませんでした。

 

この和気文具の本は、和気文具のインスタグラムの中の人、今田里美さんが作成されたもの。

和気文具のアートディレクターさんのようで、手帳術はもちろんですが本のデザインもとても素敵です。

なんと!68個にも及ぶ手帳のアイデアが載っているので自分に合う手帳術があること間違いなしです。

 

また本のサイズがものすごくいいんです。

このように本を開きながら実際に手帳が書けるように横長タイプ。

机の上であれこれ広げても使いやすいように考えられています。

見ながらできるね!

実際に手帳に真似できそうな内容がたっぷり!

おすすめポイントは説明がわかりやすく、真似できそうな内容が豊富なところです。

丁寧でわかりやすい紹介

この本、とっても見やすくてわかりやすいんです。

見開き1ページを使って写真や文章で細かく説明してくれています。

  • フォーマットの作り方
  • イラストの書き方
  • 文字の書き方
  • マーカーの引き方
  • おすすめのノートや手帳、文具の紹介

など基本的なことから丁寧に解説してくれているので、初心者さんでもわかりやすいです。

 

ひとつひとつの解説も細く、写真付きの説明なので実際に本を見ながら自分でも書き進めることができます。

 

すぐに真似できる手帳のアイデア

もう一つの魅力はすぐに自分の手帳で真似できるところです。

 

この本では身近にあるペン(ボールペン・マーカー)を使った手帳術が多い印象です。
マスキングテープやシールなど新たに買い足さなくてもすぐに始めることができます。

例えば手元にある黒のボールペンを使って真似して書いてみると一気に雰囲気が出ます。

飾り文字やフレームをちょい足しするだけでオシャレな手帳に仕上がります。

今までシールやマステを爆買いしてたわたしは少し反省しました。笑

 

気になる今田さんのプライベート手帳の紹介もありました。

この本を読んでいると、手帳のアイデアが豊富な上わかりやすい解説なので「これならわたしにもできそう!」とワクワクしてきます。

今まで手帳の使い方がわからなかった方にぜひ手にとってほしい一冊。

まとめ

手帳ユーザーの中には、手帳本体が好きで買ったはいいものの書くことがないという方もいらっしゃると思います。

何でもいいから書いたらいいと言われても困ってしまうときもありますよね。

 

この手帳アイデア本を読めば「こんな使い方があったのか!」と新たな発見があったり、手帳の使い方の見直しにもなります。

また、手帳に飽きてしまったから新しい内容を書いていきたいなぁという時にもとても参考になります。

 

この和気文具の手帳アイデアを見ながら、手帳timeを楽しんでいきましょう!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
参考になれば嬉しいです。