文房具

サラサクリップのビンテージでレトロな色合いを楽しもう!大人カラーが使える!

 

こんにちは、あこです。

誰でも一度は目にしたことがあるサラサクリップ

ボールペンの中でもカラーバリエーションが豊富で、どのカラーを選ぶか悩むのが楽しいアイテムです。

売り場などでサラサがズラッと並んでいるとワクワクしますよね。

 

そんなサラサクリップの中でも大人向けのレトロなカラーがあるのをご存知でしょうか?

今回はサラサビンテージをご紹介していきます。

 

サラサビンテージとは

ゼブラから発売されているサラサクリップ。

ジェルインクでその名のとおりサラサラとした書き心地で、誰しも使ったことのあるボールペンですよね
紙にペン先を当てると、ジェルインクがじゅわっと流れ出てくる感覚がとても書きやすいんです。

その特徴は国内最多のカラーバリエーション。
定番カラーからパステルカラーまで幅広いカラー展開で、中でも人気なのがこのビンテージカラーです。

サラサクリップの総選挙でもビンテージカラーが上位を占めました

なんと上位5位のうち3色がサラサビンテージがランクイン!

一番人気はダークブルー!

定番の黒を抜いて堂々の1位は見事ですよね。

レトロでオシャレなカラー展開が女性を中心に人気を集めています。

 

ビンテージのカラー展開は10色!

ビンテージシリーズの気になるカラー展開は10色です。

単色のバラ売りもありますし、5本セットもあります。

 

カラーチャートはこちらです。

ボディカラーの見たままの発色でとても上品でオシャレなカラー。

派手すぎずに落ち着いた色味ですが、ペンのインクがしっかりと目立つので、デコレーションに限らず日常使いもできるカラーです。

(キャメルのような黄色味のあるカラーもしっかり発色しています。)

表現の幅がぐんと広がる

このサラサビンテージは今までのボールペンになかったカラー展開。
定番カラーの鮮やかな色合いも素敵ですが、少し子どもっぽくもなりがちですよね。

 

このビンテージシリーズでは深みのある上品でシックなカラー
これで一気に表現の幅を広げることができます。

 

例えばビジネス手帳にも、ただの黒いボールペンを使うよりサラサビンテージを使うと深みが出てより気が引き締まる思いです。

 

またオススメは、手帳やバレットジャーナルに手書き風な文字やイラストをサラサビンテージを使って書けば一段上の仕上がりに。

実際に書いてみても下手っぴですが、雰囲気が出ました。

味わいが出て、レトロな雰囲気をしっかりと再現することができます。

毎日の日記に使えば、心が落ち着く優しい色合い。

 

スルスルと書き心地も抜群なのでイラストにもピッタリです。
文字からイラストまで万能に使えて、大人なノートづくりや手帳に仕上がります。

ビンテージカラーで万年筆を使っているかのような感覚に

このレトロなカラー展開が万年筆のインクを彷彿とさせます

中々手間と価格で手が出ない万年筆ですが、このサラサビンテージを使うと万年筆を楽しんでいるような感覚になります。

 

まずは色合い

万年筆は実際のボールペンにはないような、くすんだカラーのインクが多いです。

丸っきり同じとは言えませんが、それに近いような深みのあるカラーを楽しみたい方にはとてもオススメです!

 

またさすがのサラサクリップ、ペン先が0.5でゲルインクなので、インクがとてもなめらかでぬるぬる書けます。
ペン先が引っかかることもありません。

万年筆を使ったことはないけれど、いつもより深いカラーのインクを楽しみたい方はぜひ手にとってみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

  • 書き心地の良さ
  • カラーの深み

とっても使えるボールペン。
一本持っておくだけで書くことへの幅が広がります。

また、サラサビンテージは今までの黒ボールペンでは物足りない方におすすめです。
最近は、ブルーブラックやブラウンブラックのようにブラックに一味足したカラーが人気ですよね。

 

サラサの書き心地に加え、このレトロなカラーで書く楽しさを味わってみてください。
一気に大人のノートに仕上がります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
参考になれば嬉しいです。