文房具

ニトムズ365デイズノートが至高の方眼ノート!シンプルで書き心地の良さも抜群。

 

こんにちは、あこです。

わたしはノートが大好きでいろいろなノートを購入しては使い心地を研究しているのですが、中でも長く愛用しているお気に入りのノートがあるんです。

それがニトムズの365デイズノートです。

知る人ぞ知るノート!

 

ニトムズといえばお掃除のコロコロなどが有名で、文房具のイメージはあまりないかもしれません。

しかしたくさんのノートを試してきたわたしは、このエディターズシリーズ365デイズノートは方眼ノートの至高とも言えると思っています。

その魅力を見ていきましょう。

 

ニトムズの365デイズノートとは?

二トムズが出版しているエディターズシリーズ365デイズノートという方眼タイプのノートです。

使いやすさを追求し、編集者(エディター)も納得の作りになっているノート

 

日本最大の文具アワード、日本文具大賞にてデザイン部門優秀賞を受賞しています。

実力もバッチリです!

 

365デイズとその名の通り、ページ数は368ページとたっぷり書けるノートです。

その上、かさばらずにとっても薄いんです。
コンパクトなノートなので持ち運びにも便利。

 

用途に合わせてカラーや用途を選ぶことができる!

この365デイズノートの魅力の一つに自分の使い方に合わせたノートを選ぶことができるんです。

カラー展開は

  • ブラック
  • レッド
  • イエロー
  • ブルー

サイズは

  • A6
  • B6
  • A5
  • B5

から選べます。

 

またデザインはそのままで、半年用の1/2イヤーノートもあります。

ページ数は192ページと半分になっているので、より薄くて軽いものを選びたい方にはこちらがおすすめです。

 

カラーとサイズで自分にピッタリの1冊を見つけましょう!

 

中身はシンプルな方眼ノート。でも使いやすい工夫が!

ページを開いてみると、中身はとってもシンプル

方眼ノートです。爽やかな白色の紙です。

方眼のマス目が書くことへの邪魔にならないよう、やや薄めの印刷になっています。

 

シンプルだけどちょっとした工夫があります!

また方眼の縦軸には24時間の時間軸が書いてあります。

さらにページ右上には日付をチェックできるところもあるのが便利です。

いつ書いたものか一目でわかる仕組みが方眼ノートでわかるととても便利ですよね!

二トムズの365デイズノートはなぜ方眼ノートの最高峰?答えは紙質に!

なぜ方眼ノートの至高と思うかといえば、その紙質がすごくいいんです。

 

少し高いノートを使うときって、ノートをより丁寧に長く使うことが多いですよね。

でもそんな大切なノートの紙質がイマイチだったら残念…

 

ですが二トムズの365デイズノートはそんな期待を裏切りません。

とっても書き心地がいいんです。

 

紙自体は薄く、ややガサッとした書き心地です。

ボールペンのペン先がうまく引っかかる感覚がとても書きやすいです。

 

また紙自体の薄さもまたよく、ページのめくりがとてもなめらかに運びます。
薄いのでインクが裏抜けするかと思いきや、裏抜けも全くなし。

 

「モレスキンの方が有名だけど?」という方もいるかもしれませんが、
モレスキンは、裏抜けも結構しちゃうし価格帯も高いんですよね。コスパの面を考えると中々手が出づらいです。

二トムズの365デイスノートは方眼ノートが好きな方にはぜひ手にとってほしいノートです。

方眼ノートに自由に好きなことをたくさん書こう!

使い方も自由自在です。

方眼ノートなのでバランスよく書くことができます。

  • 手帳として使ったり
  • バレットジャーナルに使ってみたり、
  • 読書のまとめノートとして使ったり、
  • 思考を書き出すマイノートに使ったり

 

わたしは読書ノートに使っています!

腰を据えて特別なノートに書き出すときはとても楽しい時間ですよね!

 

まとめ;書きやすさにペンが進むノート!

二トムズはあまり文房具としては知られていませんが、この365デイズノートはぜひ多くの方に知ってもらいたいアイテムです。

  • 書くことへの邪魔しない方眼マス
  • 薄くて書きやすい紙質

ノートに書くことの楽しさをしっかり味わえます。

真っさらな方眼ノートに文字を書いたり、イラストを書いてお気に入りのノート作りをしてみてください!

 

他にも何冊かノートを試しましたが、365デイズノートはずっとリピートしています。
それくらいわたしにとっては欠かせないとてもお気に入りのノートです。

 

皆さんもぜひ使ってみてくださいね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました、

参考になれば嬉しいです。