手帳

【マークスのシステム手帳】コンパクトなHB×WA5のレビュー。使い方やおすすめなど!

 

こんにちは、あこです。

システム手帳のHB×WA5サイズはご存知ですか?

 

以前まではA5やバイブルサイズが主流でしたが、最近はHB×WA5サイズも大人気です。

 

以前ご紹介したマークスのシステム手帳からもHB×WA5が登場しています。

今回はマークスのシステム手帳HB×WA5をご紹介していきます。

 

マークスのシステム手帳HB×WA5とは

「かわいくライフログしよう!理想をつくるマイノート」というコンセプトのもと登場したマークスのシステム手帳。

発売と同時にSNSで人気に火がつき、まだまだその勢いは止まりません。

そんなマークスのシステム手帳からよりコンパクトにシステム手帳を楽しむことができる、HB×WA5サイズが登場しました。

 

カラー展開は豊富な8種

<無地>

  • ピンク
  • ミント
  • ブラウン
  • グレー

 

<柄>

  • 水彩ピンク
  • フラワー
  • ストライプ
  • スター

 

以前のA5サイズと比較すると、
無地では新たにミントとグレーが追加され、よりオトナ女子が手に取りやすい展開に。

ミントが今ひそかにブームだよね!

柄入りも、ガーリーなフラワーとスタイリッシュなスターが登場しました。

仕事でも使いたい方は無地を選んでもいいですし、かわいくライフログしたいという方は柄入りもとってもオシャレなデザインです。

HB×WA5ってなに?

HB×WA5ってなんだろう?と思った方もいらっしゃいますよね。
または正方形の手帳っていうのはなんとなくわかるけどどんな意味なの?という方も。

簡単に説明しますと、

HB×WA5とは、A5とバイブルのちょうど中間に当たるサイズです。

H(高さ)がB;バイブル

W(横幅)がA5;A5サイズ

という意味を表していて、

これを組み合わせてHB×WA5というわけです。

マークスのシステム手帳の中身はこんな感じ

それでは実際の中身をみていきましょう。

手帳はとってもコンパクト。コロンとしていて机の上にあるだけでとっても可愛いです。

 

手帳の構造はマークスのシステム手帳A5と同じ

基本的な手帳の構造はマークスのシステムA5とほぼ同じです。

具体的には、

  • 合成皮革(PU)を使用
  • リングがゴールド
  • チャームをつけることができる
  • ペンのホルダーがある

マークスのシステム手帳の良さがそのまま再現されています。

購入時にトライアルリフィルがついている

こちらも同様に、マークスのシステム手帳にはあらかじめトライアルリフィルがついています。

HB×WA5を初めて購入する方でも安心してくださいね。

 

トライアルリフィルのセット内容は4種類

  • 月間ブロック(3ヶ月分)
  • 1日1ページ(10日分)
  • ドット方眼メモ(14P)
  • 横罫メモ(14P)

購入したその日にすぐ始めることができます。

魅力はコンパクトにあり

マークスのシステム手帳は何といっても、そのコンパクトさが魅力です。

合成皮革(PU)を使用しているので、とっても軽いんです。

水を弾いて汚れや傷からも守ってくれるよ

 

HB×WA5を手にしたとき、その軽さに感動します。

たったの120g

すごい!

 

それだけじゃないんです。
軽さに加え、今回のHB×WA5はさらにさらにコンパクト

A5サイズはリング径が19mmに対し、今回のHB×WA5は15mm。
これにより、背表紙の幅が狭まり、よりコンパクトになりました。

たった4mmじゃないの?と思うかもしれませんが、こんなにコンパクトです。

手帳を開いたときもリング形が小さめなので圧迫感もありません。

リフィルも必要な分はしっかり挟めるので、より一層持ち運びに便利になり家での保管も場所をとりません。

HB×WA5に初めて挑戦してみたい方にオススメ

SNSなどでHB×WA5を見て、使ってみたいんだけど、うーん…という方もいらっしゃるかと思います。わたしもそうでした。

HB×WA5使ってみたいけど、慣れないサイズで難しそうだし失敗したら嫌だなぁと思いますよね。

そんな方にぜひおすすめです。

3000円代で手に入る

マークスのシステム手帳は価格もとっても親切

手帳としての実用性は抜群で、デザインもオシャレなシステム手帳が3000円代から手に入るんです。

おまけにリフィル付き!

マークスの関連アイテム(リフィルやマステなど)も合わせて購入したりと、気軽に手に取りやすいです。

リフィルを活用しよう

トライアルリフィルを使ってとっても簡単に手帳作りができます。

手順はこんな感じ

  1. 月間ブロックに日付を書き込んでマンスリーページ
  2. 1日1ページリフィルに今日の日記を書いてデイリーページ
  3. 好きなことを方眼や横罫に書いてフリーページ

たったこれだけで簡単にHB×WA5を楽しむことができます。
リフィルがかわいいので文字だけでもOKですし、もっとかわいくライフログしたい方はマスキングテープなどを使うとより楽しめます。

1日1ページのリフィルは自分で日付を書き込めますので、毎日続かなくてもOK!

簡単にできそうな気がする!

まとめ;マークスのシステム手帳でHB×A5を楽しもう!

いかがだったでしょうか?

ハードルが高そうだなと思うシステム手帳でも、マークスのシステム手帳を使えば簡単に、可愛く手帳作りを楽しむことができます。

 

また、SNSでもたくさんのユーザーさんの使用例を見ることができます。#マークスのシステム手帳 #マークスのシステムコレクションで検索してみてください。

以前はアンバサダーをしていましたが、期間が終了した今でもお気に入りのアイテムです。

マークスのリフィルで超簡単にライフログしよう。システム手帳が続かない人におすすめ! こんにちは。あこです。 システム手帳を使ってみたいけれど書くことがない 以前使ったこ...
SNSで人気!マークスのシステム手帳アンバサダーの感想。 こんにちは、あこです。 わたしは、インスタグラムで手帳や文房具に関する投稿をしています。 5月から始めたマークスのシ...
オトナ女子におすすめ!SNSで大人気、マークスのシステム手帳のレビュー。 こんにちは、あこです。 今回ご紹介するのは、株式マークス会社から発売されている、マークスのシステム手帳。 ...

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
手帳選びの参考になると嬉しいです。