手帳

ジブン手帳Lite mini 2020で手軽にライフログしよう!

 

こんにちは、あこです。

2020年が始まり、新たな手帳を使い始めた方も多いかと思います。

お気に入りの手帳は見つかりましたか?

 

私の中で心残りだったことが一つありまして、それがジブン手帳を購入しなかったことなんです。

ずっとその心残りが消えず、2020年用の手帳として新たにジブン手帳Lite miniを購入しました。

今回はジブン手帳Lite miniのご紹介をしていきたいと思います。

 

ジブン手帳Lite miniとは

ジブン手帳とはコクヨから発売されている手帳です。

ジブンのことを書くことで、ジブンをもっと発見できる。をコンセプトに作られています。

 

ラインアップは3種類で、

  • ジブン手帳
  • ジブン手帳Biz
  • ジブン手帳 Lite

ジブン手帳の中でもライトユーザーに向けてライフログをもっと手軽にできる、ジブン手帳Lite mini2020が登場しました。

無駄のないシンプルなジブン手帳

ジブン手帳の中でも、ジブン手帳Lite miniと名前の通りライトなユーザーに向けた手帳です。

24時間バーチカルはそのままで、そのほかはマンスリーとフリーリストというとてもシンプルなページになっています。

必要なものだけを残したミニマルなジブン手帳という位置付けです。

 

表紙が一体型になった

ジブン手帳は表紙があって、クリアなカバーがかけられています。

しかしこちらのジブン手帳Lite miniでは表紙が一体型になっています。

柔らかく手触りの良いポリウレタン製の表紙です。

優しいカジュアルな色合いなので、より生活に馴染む展開。

ジブン手帳の定番カラーに飽きてきた方にもおすすめのカラー展開です。

 

サイズはB6のみです。

新たにthin ペーパーを導入

2020年度版からジブン手帳では新たにthin ペーパーを使用しています。

従来のトモエリバーと比較してthin ペーパーとは

  • 軽量
  • 裏うつりがしにくい
  • 消せるボールペンを使用しても波打ちにくい

という特徴があります。

 

実際にフリクションを使って消してみると

トモエリバーを使用した従来のジブン手帳だと、フリクションの反対のゴムで擦るとこんな風に紙がヨレてしまいます。

 

しかしthin ペーパーを使用した2020ジブン手帳Lite miniでは紙の波打ちがありません
フリクションなどで消した部分にもう一度ストレスなく書き直すことができます。

 

ヨレにくく丈夫な手帳となりました。

ジブン手帳Lite mini2020実際の中身は?

それでは実際にどんなところがライトなのか中身を見ていきましょう!

 

ページをめくっていくと、

まず見開きの年間カレンダーと今年の目標が続いています。

年間カレンダーも無駄がなくまとめられています。

 

次にフリーリストのページが見開き6ページ。

読んだ本やみた映画、やりたいことなどをひとまとめに書けるリストページはあると便利です。

 

続いてマンスリーページ。

マンスリーの欄はやや小さいものの、左側にチェックリストがありますのでメモができます。

さらに下部にはガントチャートが追加されました。

7項目書くことができるので、同時進行のタスクや毎日習慣化したいことなどはここで管理することができます。

 

そして、メインのバーチカルページです。

  • お天気マークとチェックリスト3つ
  • 24時間軸のバーチカル
  • フリースペース

となっています。

日の出・日の入が時間軸の線の太さでわかるよ!

 

また、従来の食事欄がなくなりました。
その分フリースペースが増えたので、そこに食事のメモを書いてもいいですし、その他一日の振り返りのコメントなどなんでもOK!

最後に方眼のページがあります。

ジブン手帳Lite mini はライトユーザーにぴったりな一冊!

ジブン手帳Lite miniはライトユーザーにぴったりの一冊です。
1日のライフログもとってもシンプルで簡単!!

  1. 24時間軸にライフログを書いて
  2. フリースペースにメモを書いて
  3. 左のチェックリストにTO DOを書く

これなら忙しい毎日でも続けることができますよね!

 

ライトユーザーはもちろん、おおざっぱさんにもぴったり。

手帳にはたくさんのページが用意されていても実際に使うことないんだよねぇという方もいらっしゃると思います。

そんな方はミニマルなジブン手帳Lite miniがとてもおすすめ。

 

また、今までバーチカル手帳を使ってみたかったけどなんとなく難しそうで手が出なかった方にもおすすめです。

手帳自体がB6サイズで小さいのできちっとバーチカルとして使うより、もっとラフにバーチカルを使うことができます。

わたし自身、細い時間管理が苦手でバーチカルはハードルが高かったのですが、今回のジブン手帳Lite miniであれば大まかなライフログができました。

一方で、しっかり手帳を使っていきたい方や物足りなさがある方はLiteではなくジブン手帳の方がおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ジブン手帳Lite miniはジブン手帳の始めの一歩としてもおすすめです。

手帳を書くことに多くの時間を割けない忙しい方でも、ジブン手帳Lite miniであれば続けられそうな気がしませんか?

使い方もシンプルでとっても簡単!

年が明けてからジブン手帳Lite miniを購入しましたが、買ってよかった一冊です。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

参考になれば嬉しいです。