手帳

SNSで人気、いろは出版のスタディープランナー!使い方や中身をレビュー。

 

こんにちは、あこです。

みなさん、スタディープランナーはご存知ですか?

 

韓国で始まり、SNSで大人気となり、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

学生さんはもちろんのこと、大人になっても語学や資格など勉強は欠かせませんよね。

勉強だけでなく、ダイエットや日常生活にも使える、いろは出版のスタディープランナーをご紹介します。

 

いろは出版のスタディープランナーってなに?

スタディープランナーは「勉強を楽しく、効率よく」記録するために作られた手帳のことです。

ノートかなと思いましたが、公式ページでも手帳と書いてあります

毎日のつらい勉強も可愛く記録して、楽しくモチベーションを上げていこうというコンセプト。

元々は勉強大国である韓国で流行っていた勉強の記録手帳が、日本でもSNSを始め話題に。

SNSで#勉強垢が流行ってるみたいだよ

 

いろは出版の &STUDIUMから発売されているスタディープランナーはウィークリータイプとデイリータイプがあります。

店頭にリーフレットが置いてありました。

今回はデイリータイプをレビューしていきたいと思います。

 

スタディープランナーの中身は?

今回はご紹介するのはリングタイプですが、ノートタイプも中身は同じです。

一冊で三ヶ月間使用できます。

まず表紙をめくると年間ページがあります。

ここには目標や予定を書き込みます。

見開き1ページなので大まかな予定や目標、スケジュールが可視化できるのは便利です。

 

3ヶ月の目標

始めた日と終了日、目標やそのための行動を書いて、

TIME TABLE(タイムテーブル)があるので、習慣化もしやすいです。

平日と休日でライフスタイルが異なる社会人の方にも、かなり有効に使えそうです。

もちろん学生さんも時間割や部活動、放課後の予定を一目で把握できます。

 

MONTHLY PLAN

マンスリーも欄が広いので使いやすいです。

午前と午後の予定を分けて書くこともできます。

三ヶ月分ですが、マンスリーのみ四ヶ月分ついています。月の途中で使い始めてもしっかり三ヶ月分は使用できます。

マンスリーはそれぞれのデイリーページの途中にあるタイプではなく、四ヶ月分がまとまっています。

 

ここからがデイリー使いの部分です。

まずは一週間の計画WEEKLY PLANを書きこみます。

欄も広く、自由に、月曜日から日曜日までやることや目標を書くことができます。

 

デイリーページはこんな感じです。

ざっくり説明すると

  1. 今日のゴールを決めて
  2. やること(もしくはやったこと)を書いて
  3. TIME TRACKに今日の大まかな時間配分を書いて
  4. 作業時間を集計して
  5. メモがあれば書く

たったこれだけです。

視覚的にもわかりやすいですよね。

 

一週間の最終日には振り返りページもついています。

 

ここで声を大にして言いたいのは、ライフログにも使えますよということ。

スタディープランナーは学生や社会人だけでなく、可愛くライフログをしたいみなさんにもおすすめです!

例えば今日は仕事の日だから仕事に関することを、休みの日は日常を書いてみよう!なんて使い方もいいですよね。

 

一日のTO DO管理や、タイムログを使って今日の一日をバーチカル手帳のように使うことも

フォーマットがカラーで可愛いので、楽しく続けることができます。

 

スタディープランナーのよかったところ;目標設定がしやすい

可視化することで目標がより明確になった

目標を書くことは何かを実現するときに大切とされていますが、自分でわざわざノートを作りをするのも結構手間ですよね。

このスタディープランナーを使えばフォーマットに目標を書き込んでいくだけ。

 

  1. 三ヶ月の目標(これは通年の目標でもOK);一番達成したい大きな目標
  2. 一ヶ月の目標;目標達成のために一ヶ月で達成する中間目標
  3. 一週間の目標;中間目標を達成するために必要な目標
  4. 今日の目標;達成したい目標のために今日やるべきこと、目の前の目標

というように、少しずつ目標を細分化して行動に落とし込むことができます

目標に対して今日自分がやるべきことが明確になります。

毎日の積み重ねが大事だね

 

意外に自由度が高い

先ほどもご紹介していますが、スタディープランナーは勉強や資格の記録だけでなく、ダイエット記録にもよし、ライフログにもよし。

自分のライフスタイルに合わせて用途を決めることができます。

フォーマットはありつつも主張しすぎないデサインなので、自由度が高いなと感じました。

わたしも勉強の記録を書いたりライフログを書いたりごちゃまぜだよ!

 

いろは出版から関連アイテムも発売されているので、可愛い手帳作りも最適。

 

スタディープランナーが続かないときのコツは?

続かなくても気にしなくてOK

最初に言ってしまうとスタディープランナーは毎日書かなくても全然OKということです!

手帳やノートが続かない問題は永遠の課題ですよね。

 

ですが、このスタディープランナーに至っては続かなくても全く問題ないと思っています。

それはスタディープランナーを書くことが目的ではないからです。

スタディープランナーは手帳ですが、これはあくまで勉強や何かを継続するためのツールです。

 

スタディープランナーを書くことが目的ではなく、自分が決めた目標を達成するための行動、例えば勉強なら机に向かったり、ダイエットなら体を動かすことの方が大切です

可愛く記録したいけれど、デコレーションに時間がかかっては本末転倒!

 

毎日が難しければ、頭の中を整理したいときにだけ使ってもOK!

 

机の上に置きっぱなしにしておこう

スタディープランナーに限らず、手帳やノート類が続かない!という方へのアドバイスとして、常に目に入るところに置いておくことをおすすめします。

そうすれば勉強などに取り掛かる前に

  1. スタディープランナーを開いて、
  2. 作業が終わったときにスタディープランナーに記録を書く

という一連の流れが習慣化しやすいです。

なので、わたしは開きっぱなしにしても折り返せば邪魔になりにくいリングタイプを選びました。

 

SNSで仲間を見つけよう

冒頭でも紹介しましたが、こちらのスタディープランナーはSNSで大人気。

ツイッターやインスタグラムで#勉強垢 など検索するとユーザーがたくさんいるので、一緒に頑張る仲間を見つけたり、

自分も投稿してみたりとモチベーションアップにつなげていくこともおすすめします。

SNSのやりすぎはダメだよ~

まとめ;スタディープランナーは目標達成の最高のツール!

いかがだったでしょうか。

発売当初から気になっていたスタディープランナーを今回ようやくゲットして使ってみましたが、予想以上に使いやすかったです。

 

目標に加えて自分の頑張りが見える化できるのはいいですよね。

机の端に置いておけば、自分が今日やるべきことがわかるし、お休みの日はライフログに使ってみたり。

 

目標達成のためにスタディープランナーとともに頑張ってみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

参考になると嬉しいです。