文房具

2019年買ってよかった文具5選!手帳からペンまでお気に入りのアイテム。

 

こんにちは、あこです。

みなさん、2019年お気に入りの文具と出会えましたか?

 

今年もたくさん文具が発売されて楽しませてもらいました。

今日はブロガー?っぽく、

2019年買ってよかった文具5選をご紹介していきたいと思います。

 

週末野心手帳

週末野心手帳は2020年度版を購入したので今年の買ってよかったものにピックアップしようか悩みました。

12月から使ってみてもうすぐ1ヶ月経ちます。

今ではすっかりお気に入りの手帳ですし、ぜひみなさんにも手にとって欲しいのでチョイス。

 

野心が見つかった

週末野心手帳と出会うまでは平日に仕事に行って休日はその疲れを取るようにダラダラと過ごしてしまうことも…

そんなわたしを変えてくれた手帳がこちら。

さすがはあちゅうさんと村上萌さんはコンテンツ作りのプロ。野心を見つけるためのヒントがたくさん手帳の中にあります。

野心と聞くと「難しそう」「大きな野望なの?」というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはなくもっと身近にあるやりたいことです。

例えば今週末行きたかったカフェに行こう、観たかった映画を観ようなど。

それが達成できたら次はもう少し大きなやりたいことをやってみるなど、少しずつ進んでいけばいいと思っています。

週末野心手帳が手元にあると、自然に自分の中にあるやりたいことがどんどん浮かんできます。

今はまだ野心の見つかっていない方でもきっと見つかります。

詳しくは記事にもアップしていますのでこちらも合わせて読んでくださいね。

https://akonote.com/weekend-wish-diary

ツイギー

PLUS株式会社から発売されているこちらのツイギー。

以前から発売されているのは知っていましたが、今年初めて手に取りました。

正直に言いますとハサミなんて100均でいいやなんて思っていました。

PLUSさんのイベントのお土産で頂いてからもう手放せないアイテムです。文具女子博で追加購入しました。

かさばらない

ハサミって収納にも困りませんか?

ペン立てに入れると頭(指を入れる部分)が飛び出すし、引き出しに入れるとかなりの面積を占めてしまうもの。

机の上で作業するときも結構邪魔になりがちですよね。

ペンタイプのハサミだと一切かさばりません

楕円形になっているので机の上でも転がらない工夫が。

ポーチに入れて持ち運びも便利です。

ハサミって意外と出先で出番が多いよね

コンパクトなので手の小さい女性にもおすすめのアイテム。

 

ベタつかない

安いハサミを使っていたわたしはハサミのベタつきが気になっていました。

マスキングテープやシールをカットすると刃にテープがくっついてしまったり、ベタつきが残ってしまうんですよね。

このツイギーはベタつきに強いフッ素コートが施されています。

このフッ素コーティングのおかげで、テープやシールなど粘着性のあるものをカットしても刃にベタ付きが残りません。

切れ味もよく、ちょっとした軽作業であれば十分な実力です。

 

ジェットストリーム

定番のアイテムなんですが、入れさせてください。

というのも、今までのジェットストリームはビジネスライクのものが多くシックなデザインが多かった印象。

そんなジェットストリームからカジュアルなカラー展開が発売されたのをご存知でしょうか?

重量感はそのままで、カジュアルなデザイン

軸とグリップのカラーが統一されナチュラルに。

ビジネスのシーンはもちろんですが、普段使いにも適したカジュアルなデザイン。

(黒いラベルテープを剥がせばもっとガーリーになりますね)

それだけでなくジェットストリームならではのなめらかな書き心地をより実感するためには程よい重量感も必要ですよね。

このほどよい重量感に加えて、かわいいカジュアルなデザインで新たなジェットストリームが登場。

ボールペンには珍しいイエローのボディもおすすめ。

なめらかな書き心地が大人気のジェットストリーム。

スルスルとペンが進みますよね。ずっと使っていきたい一本です。

マークスのシステム手帳

わたしのSNSを見てくださっている方はこちらのマークスのシステム手帳を連想をした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうです、今年一番使ったのがマークスのシステム手帳です。

はじめてこのシステム手帳を目にしたとき絶対買う!と即決したアイテム。それからというもの毎日使っている手帳です。

とにかく可愛い

革のブラウンの手帳もかっこよくて魅力的ですが、やはりかわいい手帳が机の上にあるとテンションが上がります。

手帳が続かなかったわたしが継続してこれたのも、このデザイン性のおかげです。

無地から柄までカバーも豊富ですし、自分にぴったりな一冊が見つかること間違いなし。

デザイン性が高く軽量で持ち運びにも適する、今までになかった待望のシステム手帳です。

リフィルや関連アイテムの豊富さ

継続できている理由のもう一つにリフィルや関連アイテムの豊富さがあります。

システム手帳は綴じ手帳と違って自由度の高さが魅力ですが、それゆえ何を書いていいかわからなかったり…

マークスさんからリフィルがたくさん発売されているので、使いやすそうなものや気になるものを買ってみて何を書こうか考えてみると案外ペンが進みました。

デイリーの日記から家計簿、趣味ノートまで一冊でまとめることができます。

手帳本体とリフィルの統一感も出るのでますます可愛くライフログすることできますよ。

 

2019年激推しのアイテム。2020年も継続して使っていくシステム手帳です。

オトナ女子におすすめ!SNSで大人気、マークスのシステム手帳のレビュー。 こんにちは、あこです。 今回ご紹介するのは、株式マークス会社から発売されている、マークスのシステム手帳。 ...

ほぼ日手帳day-free

2019年11月に発売が開始されたので約2ヶ月間の使用ですが、ピックアップ。

何がよかったかというとマイノートに最適だったんです。

これまでにも何冊か少し高めのノートをマイノート用に購入して使ってみましたが、なんとなくコレジャナイ感がありました。

ほぼ日day-freeがこのモヤモヤを解決してくれました。

どんなノートでも月間カレンダーはあった方がよかった

マイノートには月間カレンダーがあった方が便利です。

読んだ本や観た映画を記録したり、会った人などを月間カレンダーにも一緒に書いておきます。

そうすれば方眼ノートにいろんなことをバラバラに書いても、月間カレンダーを見れば「これはあのときのことだな」というのがわかります。

マイノートの検索性の低さを月間カレンダーでカバーするイメージ。

 

方眼ノートの魅力

ほぼ日手帳の良さがそのまま残っている、day-free。

ただのまっさらな方眼ノートの場合、とにかく文字をバーっと書いていく楽しさもあるんですが、文字で埋め尽くされたノートって見返す気にならなかったり…

とはいえシールやマスキングテープなどを使って可愛くすることにあまり労力をかけたくないのがマイノート。(書くことが目的の場合)

day-freeには日々の言葉やページの端に可愛いイラストがあります。

真っさらな方眼のノートに文字を書く楽しさもありますが、さらに日々の言葉や癒されます。

ほぼ日の温かみを感じながらもっとゆるやかにノートを楽しみたい方にはとってもおすすめ。

 

こちらも記事にしていますので合わせてお読みくださいね!

ほぼ日手帳の日付なしday-free(デイフリー)レビュー!中身は? こんにちは、あこです。 2002年に発売が開始され、2020年度版で19年目の手帳の代表格。 そんなほぼ日手...

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

最初はランキング形式にしようかなと考えましたが、どれもお気に入りすぎてそれぞれの良さに順位付けすることができず、2019年買ってよかったもの5選とさせていただきました。

ハサミやボールペン、手帳など定番のアイテムを選んでみました。

まだまだお気に入りはたくさんあるよ!

みなさんはどの文具が今年のお気に入りアイテムですか?考えてみるとワクワクするのでぜひリストアップなどしてみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうごさいます。

参考になれば嬉しいです。