文房具

bandeの転写マスキングテープが簡単でオシャレ!遊び心のあるマステが楽しい!

 

こんにちは、あこです。

 

2019年文具女子博で見つけて気になっていたbande転写マスキングテープ。

 

転写ってなんだか難しそうだし、買って使わなかったらもったいないし…と思い、購入を渋っていました。

でも物は試しだ!と思って購入したところ、予想以上にシンプル!簡単!使いやすいアイテムでした。

 

今回はbandeの転写マスキングテープをご紹介していきます。

 

bandeの転写マスキングテープが登場!

bandeといえば ”あそべるマスキングテープ”

めくれるマスキングテープやロールステッカーが有名ですよね。

くるくるとシールが出てきて感覚的にも楽しいマステやシールが豊富。

 

さらにbandeはシールの柄もとってもオシャレ!

今までにないbandeならではの柄にSNSでも大人気です。

そんなbandeから転写できるマスキングテープが登場しました。

 

実際の使い方;簡単に転写できます!

このbandeの転写マスキングテープは不器用さんでも安心!とっても簡単!

”転写マスキングテープ”というワードを聞いただけで難しそうですが大丈夫ですよ。

パッケージの裏にもきちんと説明書きがあるのでその通りやってみましょう。

使い方をご紹介しますね。

 

まずは普通のマスキングテープと同じように紙に貼ります。

いつものマスキングテープと同じです。簡単ですね。

 

貼ったマスキングテープの上から指でなぞります。

指でなぞるだけ。

難しく考えずに2回くらいで大丈夫ですよ!

 

マスキングテープをはがします。

マスキングテープをはがします。これもただはがすだけ。ペリペリペリと簡単にはがれます。

 

ジャーン

たったこれだけ!難しいことは一つもありません。

 

指でこするときも力を入れて何度もこする必要はなく、1往復程度で簡単に転写することができます。

たった3STEPで簡単に転写マスキングテープが楽しめます。

 

シールを転写するときに失敗しないの?

使い方が簡単なのはわかりました。

でも本当に絵柄が綺麗に転写するのか気になるところです。

 

失敗しない理由①力強さは不要

転写するシールのイメージは指でこするときに力強く、さらに満遍なく押さえつけないと失敗するイメージがあります。

bandeの転写マスキングテープは力はいりません。

上から指でなぞるだけ。2回程度なぞればしっかり転写することができます。

何も考えずにただ2回なぞってください!

転写しづらい素材の場合は特に絵柄部分を強めにこするといいようです。

不器用さんでも大雑把さんでも簡単に楽しめます!

 

失敗しない理由②マステとシールの間

bandeの転写マスキングテープはインクを紙に移すのではなく、シールの一部を紙に移すタイプです。

つながったロールシールのようなイメージ

なので印面が途中で薄れることなく、シールがしっかりと紙にくっつきます。

 

またシールの細い部分もちぎれてしまうことなく、綺麗に転写できています。

 

紙に転写した部分も剥がれてしまうことなく、しっかりとくっついています。

 

転写マステは厚みが出ないので手帳やノートにぴったり!

マスキングテープを手帳にたくさん貼るとどんどん厚みが増して、ちょっと不便ですよね。

特に上下や左右にマスキングテープを貼ることが多いですが、この部分だけが膨らんで手帳が不恰好になってしまうことも。

 

この転写マスキングテープならマスキングテープの絵柄はそのままに、厚みを軽減することができます。

手帳やノートがスマートなままでマスキングテープを楽しむことができます。

 

また、マスキングテープを貼った次のページに文字を書くとき、テープの凸凹も気になりません。

シールが薄めなので、裏返して使用してもストレスなく文字を書くことができます。

 

まとめ;転写マスキングテープはとっても簡単です!

転写マスキングテープの「難しそう!」「手間がかかりそう!」というイメージは無くなりましたか?

 

bandeの転写マスキングテープは簡単に!綺麗に!転写してマスキングテープを楽しむことができます。

  • マスキングテープ貼る→こする→はがす

たったこの3ステップです。何回も使用していますが、失敗することもありませんでした。

 

慣れてしまうと、このメリメリはがす感覚が楽しくなってきます。

遊び心のある文具って本当にワクワクしますよね。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

参考になれば、嬉しいです。