文房具

【測量野帳】コクヨミーの野帳がオシャレでコンパクト!持ち歩きノートに最適です。

 

こんにちは、あこです。

 

最近仕事やちょっとしたお出かけにいつも持ち歩いているアイテムがあります。

コクヨの新ラインアップのコクヨミーの野帳です。

今までの測量野帳が、グンとオシャレになって生活に馴染むデザインになりました。

今回はコクヨミーの野帳をご紹介します。

 

コクヨの定番アイテム測量野帳!

コクヨは昔ながらのアイテムが今も大人気なものが多いですが、中でも測量野帳はかなり歴史ある文具です。

1959年に発売開始後、60年も愛されている野帳

 

実際の測量現場で使用するために作られたとってもコンパクトなノート。

野外で実際に使用することを想定して作られた野帳は様々な工夫があります。

 

発売以来、品質の改善を除けばデザイン等はほぼ変わらないといいます。

そんな愛すべきコクヨの野帳がオシャレになったのです!

 

”文具をアクセサリーに” コクヨミーシリーズがオシャレすぎる

”あなたを今より、私らしく” というコンセプトで作られたコクヨミーシリーズ。

こういうキャッチコピーを知っておくと、より文具に親しみを持つことができてワクワクします。

 

身近にある文具を機能的でありながらも、より生活に馴染むようデザインされたシリーズです。

文具をアクセサリーのように身につけよう!という発想です。

 

コクヨミーはこんな風にいい意味で文具らしくないスタイリッシュでオシャレなデザインです。

今回ご紹介する野帳に加え、ボールペンや消しゴム、修正テープにノートなど様々な文具がオシャレに。

今回のコクヨミーシリーズのおかげで今までの野帳がこんなにオシャレになりました。

カラー展開もこのシェルピンクの他に、スモーキースカイやゴールデングリーンなど、くすんだ大人っぽいカラーがオシャレ。

 

オンオフ問わず常に持ち歩きたいデザインです。

 

野帳は丈夫なカバーとコンパクトさが特徴!

野帳は知る人ぞ知るアイテムですが、あまり手にしたことのない方もいるかもしれません。

長年愛されているコクヨ定番のアイテム。愛されているポイントをお伝えしていきます。

 

丈夫なカバー

野帳やフィールドワークなど野外でも使えるようとても丈夫な作りになっています。

 

カバーがしっかりとしたハードカバーなので頑丈です。

 

さらに今回のコクヨミーの野帳はとってもオシャレなデザインになりました。

従来の緑のカバーでは少し物足りないという方におすすめ。

 

頑丈さは保ちつつもツヤっとしたカバーがとってもオシャレ。

カラーバリエーションも豊富なので自分のお気に入りのカラーを見つけてくださいね。

 

オシャレなデザインで持ち運ぶのが楽しく、カバンに入れてもボロボロにならないしっかりとしたカバーです。

 

コンパクトで持ち運びに最適

野帳は測量業務の際に、作業着の胸ポケットに入るように作成されたのでコンパクト。

現在もサイズ感は変わりません。ボールペンと並んでもこのコンパクトさ。

大きさに加えて、厚みもありません。

たった5mmです。

かと言ってページ数が少ないわけではなく40シートあります。

 

丈夫さだけでなく薄さが加わり、カバンに入れた時も全くかさばらず持ち運びにも便利です。

洋服のポケットに入れてもいいですし、女性はエプロンのポケットなどにもスッと入るほどのコンパクト。

 

使いやすい3mm方眼

野帳は3mm方眼であることも一つの特徴です。

多くのノートは5mm方眼ですが、野帳は本体の大きさに伴い3mm方眼です。

小さくて使いにくそうと思うかもしれませんが、、、これ使いやすいです。

5mm方眼だと律儀にマス目に沿って文字を書かなきゃなぁという先入観がありましたが、3mmだともう気にせず自由に書くことができます。

5mm方眼だとちょっと小さいので、3mm方眼を2行使って6mm方眼として使うのもちょうどいい大きさで書きやすいです。

 

さらに方眼のカラーがブルーなので爽やかな気持ちでノートに向かうことができます。

 

野帳はちょっとした持ち歩きメモ帳に使える!

実際にわたしの使い方を少しご紹介します。

 

平日仕事に行くときや、休日のお出かけにいつも持ち歩くようになったコクヨミーの野帳。

出先でちょっとメモを書きたいときって結構頻繁にありますよね。

この野帳は手帳よりももっと手軽なメモ帳として使っています。

カバーがしっかりしているので机がなくても野帳を片手に文字を簡単に書くことができます。

移動中の電車でふと思い出したこともサクッとメモができます。

他にもスーパーで買い物リストを書いた野帳片手にウロウロすることも。

 

バレットジャーナルのような使い方で

  • 今日のやること
  • 買い物リスト
  • ふとしたアイデアメモ

をメインに書いています。

 

場所を選ばすに気軽に使うことができるのでとってもお気に入り。

 

まとめ

わたしはシステム手帳が大好きで使っていますが、もっとコンパクトに持ち運べるものがないかなぁと探していたときに、コクヨミーの野帳と出会いました。

緑の野帳が苦手だった方にも、もう一度に手にとってもらいたいアイテムです。

 

コンパクトな分メイン使いよりは、サブノートとしての使い方が一番馴染むかなと感じます。

  • ちょっとしたメモ
  • TO DO管理

などのメモ帳を探している方にはとてもおすすめ。

コクヨミーのラインで他にもオシャレなデザインの文具がたくさんあるのでそちらもおすすめですよ!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

参考になれば嬉しいです。